アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられています。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、従来学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越すケースや、成人してからの発症・再発の例がここ最近は増加傾向にあります。

これに関しては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする意見や、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見があります。

アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会による2種類があります。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されています。

アトピー性皮膚炎の改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強いようです。

一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっています。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっています。

このように2種類のガイドラインがあり、アトピー性皮膚炎の治療内容にねじれが発生する可能性もありえるという意見もあります。

2008年06月25日

アトピー性皮膚炎 食事制限【アトピー地獄からの脱出!】

アトピー性皮膚炎の原因が、明らかに食物アレルギーが原因または悪化要因となっている場合には、食事制限が必要となります。

一時期には厳密な食事制限が実施されましたが、成長に伴い食物の影響は低くなるケースが多いことと、厳格な食事制限の結果子供の一部に成長障害が起きることが多々みられるようになったという理由で、
以前よりは比較的穏やかな方法がとられるようになりました。

そのため管理栄養士などともよく相談してから慎重に行う必要があります。これはすなわちアトピー性皮膚炎の治療というより食物アレルギーの治療でもあります。

この場合食事制限により、アトピー性皮膚炎の炎症を直接、抑えるものではないので注意が必要です。

血液中のIgE抗体が、どのアレルゲンに反応するかを調べるRAST法では、総IgEが高い場合、多数種の抗原に対して陽性となる傾向があしますが、それは実際のアトピー性皮膚炎の症状と相関しないケースであることがわかってきました。

アトピー性皮膚炎における食事制限の方針を決める際には、パッチテスト、少量を試験的に摂取するなどの実際のアレルギー反応を見る方法で判断したほうがよいでしょう。

また乳児に対しては、時期尚早な離乳食への移行や、同一の食品を連続して摂取させるなどの、食物アレルギーを誘発する行為は避けるべきであると思われます。


アトピー地獄からの脱出


簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法



アクセスアップ
posted by アトピー at 22:41| Comment(42) | TrackBack(15) | アトピー 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。