アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられています。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、従来学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越すケースや、成人してからの発症・再発の例がここ最近は増加傾向にあります。

これに関しては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする意見や、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見があります。

アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会による2種類があります。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されています。

アトピー性皮膚炎の改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強いようです。

一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっています。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっています。

このように2種類のガイドラインがあり、アトピー性皮膚炎の治療内容にねじれが発生する可能性もありえるという意見もあります。

2008年06月24日

アトピー性皮膚炎 治療の現状【アトピー地獄からの脱出!】

アトピー性皮膚炎の根本治療は副交感が異常亢進しない体質にすることです。

それは交感神経と副交感神経という自律神経が極端に傾かずに、バランスがとれている体質に変えてゆくことです。

アレルギーを引き起こすアレルゲン(牛乳・たまご・大豆などの食物。埃・ダニ・花粉・化学物質)の除去というこれまで行なわれてきた方法は、アレルギーを引き起こす「誘因の回避」であり、根本治療にはなりません。

その他の食事療法、薬物療法、注射、漢方薬、心理療法などの治療法もアトピー性皮膚炎の根本治療とは残念ながら言えません、

なぜならアトピー性皮膚炎の根本的な原因が、副交感神経の異常亢進体質にあることを考慮しないで作られた療法だからです。

これらの治療法も全く効果がないわけではありませんが、あくまで補助的な解決法であり、これらの治療を施しても、アトピー性皮膚炎が完治することはありません。

つまり、アトピー性皮膚炎の根本治療とは、副交感神経が異常亢進しやすい体質を、正常体質に変えていく、体質改善を行なう治療のことを指します。

副交感神経が異常亢進しやすいのであれば、そのケースに応じた適度な交感神経刺激を与えることで、副交感異常亢進体質が変わっていくはずです。これが根本治療の原則です。




アトピー地獄からの脱出

アクセスアップ
posted by アトピー at 03:06| Comment(0) | アトピー 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。