アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられています。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、従来学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越すケースや、成人してからの発症・再発の例がここ最近は増加傾向にあります。

これに関しては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする意見や、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見があります。

アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会による2種類があります。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されています。

アトピー性皮膚炎の改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強いようです。

一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっています。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっています。

このように2種類のガイドラインがあり、アトピー性皮膚炎の治療内容にねじれが発生する可能性もありえるという意見もあります。

2008年06月24日

アトピー性皮膚炎 治療の現状・2【アトピー地

痒みをがまんして緊張していると交感神経過多となり、そのとき一時的にアトピー性皮膚炎は消えますが、その後そのストレスの反動として、交感から副交感神経にに戻ってしまい、よけいアトピー性皮膚炎がでてきてしまうケースもあります。

この辺がアトピー性皮膚炎の微妙なところですが、たのしく交感神経を緊張させる行為が体質改善につながります。

子供なら外や浴室で遊ばせたり、日光浴などがよいでしょう。紫外線も交感神経刺激であり、夢中で遊んでいる時は、アトピー性皮膚炎の痒さをあまり感じません。

早寝早起きといった規則正しい習慣も、アトピー性皮膚炎の治療には大切です。特に朝は交感神経が働き始める時間です。早起きして太陽の光を全身に浴び、散歩やウォーキング、またはラジオ体操などで身体をを動かすのも、交感神経を刺激します。

仕事中も過度に緊張して仕事をするのではなく、心地よい緊張感をもって仕事をするのがポイントです。昼間は交感神経が優勢なので、アトピー性皮膚炎の痒みはそれ程ひどくなりませんが、痒くならないくらいの緊張感があるとよいようです。

交感神経の異常緊張があると、交感神経過多となり、その交感神経過多から逃れるために、逆に副交感神経が異常亢進して、副交感神経が優位に働く夜間にアトピー性皮膚炎の痒みがひどくなります。


アトピー地獄からの脱出

簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法

posted by アトピー at 03:01| Comment(0) | アトピー 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。